メッセージ

私も赦(ゆる)されている

カリフォルニアのある教会に、元日本軍パイロットが証(あか)し(神様がしてくださったすばらしいことを話すこと)のために来ることになりました。彼は神風特攻隊の一員でしたが、出撃直前に終戦となり、一命を取り留めたのでした。その後、彼はキリストのもとへと導かれたのです。
 さて、証しのゲストのことを週報で見た一人の老夫人が、牧師に電話をかけてきました。「申し訳ないけれども、来週の日曜日は礼拝をお休みさせてください」。実はこのおばあさんは、水兵だった息子を太平洋戦争で失ったのでした。そのことを知っている牧師は、無理に出席を勧めることをせず、電話を切りました。
 次の日曜日の礼拝は感動的な集会となりました。人々は、このパイロットの驚くべき体験を聞き、神様への愛と感謝を新たにしたのでした。
 礼拝が終わった時、会堂の後ろから、あのおばあさんが飛び込んできました。そして、元パイロットの前に立ちふさがると、こう言ったのです。「私の息子は、カミカゼに殺されました」。一同は息をのみました。しかしおばあさんは、さらに続けてこう言いました。「でも、神様はあなたの罪を赦しておられます。そして、今日、神様は私の罪も赦してくださいました」。そして、おばあさんは元パイロットをしっかりと抱きしめ、激しく泣いたのです。

みことば
「父よ、御名(みな)が聖なるものとされますように。御国(みくに)が来ますように。・・・私たちの罪をお赦しください。私たちも私たちに負い目のある者をみな赦します。」

ルカの福音書 11章2、4節

メッセージ動画

過去の動画はこちら